敏感肌はファンデーションが重要|健やかなお肌になれる

レディー

トラブル別に選ぶ化粧品

鏡を見るウーマン

成分を観察する

赤みの残るニキビ跡が見られる場合、美白や抗酸化作用で有名なビタミンCが効果的です。ただし、ビタミンCは安定性や浸透率に難がありますので、ビタミンC誘導体の方が吸収させやすくなります。肌につけるとメラニンの排出を促して代謝を高めてくれますので、赤みも自然と良くなります。また、ビタミンC誘導体には肌の内側から炎症等のトラブルを解消する働きがありますので、炎症性のニキビ跡全般に効きます。トラネキサム酸も美白化粧品としてよく利用されますが、肌の深部まで届かせることができますので、表面の赤みだけでなく奥深くのトラブルまで改善することができます。この成分には新たな色素沈着を防ぐ働きもありますので、予防にも効果的です。

外側と内側両方からケアを

赤みや色素沈着等のニキビ跡を改善させる化粧品はたくさんありますが、外側からだけでなく内側からもケアを行うことで、より大きな効果を得ることができます。栄養素別に考えると、ビタミンB群は脂質の代謝を助けて皮脂の分泌量をコントロールしてくれます。脂肪酸が活性酸素と結び付くとニキビ跡が悪化する恐れがありますので、積極的に摂取しなければなりません。コラーゲンの産生に関わっているビタミンCも、肌細胞の働きを活性化させてターンオーバーを正常な状態に戻してくれますので効果的です。抗酸化作用に優れるビタミンCは同じく抗酸化作用を持つビタミンEと一緒に摂ることがより望ましいとされています。化粧品でケアを行いながら摂取する栄養にも気をつければ、より短期間で改善できます。